トンイに見る朝鮮王朝の側室の位、階級制度

韓国時代劇ドラマ「トンイ」の中で、奴婢という身分だったトンイが掌楽院(チャンアグォン)のムスリから、監察府(カムチャルブ)の女官、そして側室になっていきますが、位・階級が変わっていきます。

また、チャン・オクチョン(張禧嬪/チャンヒビン)が尚宮から側室になるまでの間も、名分が…とか、タイミングなど、側室の位について色々と目論見がありました。

ドラマを見ていると、色々な位の用語が出てきて、混乱してきたりしますよね(^_^;)

この記事では、ドラマ「トンイ」に見る、朝鮮王朝での側室の位・階級制度、用語をまとめました。

スポンサーリンク

朝鮮王朝の側室の位・階級制度の表

品階 名称
正室 無階 中殿(チュウデン)
側室 正一品 嬪(ピン)
従一品 貴人(クィイン)
正二品 昭儀(ソイ)
従二品 淑儀(スギ)
正三品 昭容(ソヨン)
従三品 淑容(スギョン)
正四品 昭媛(ソウォン)
従四品 淑媛(スグォン)
女官 正五品 尚宮(サングン)

トンイの階級の変化

ドラマ、「トンイ」では、トンイが掌楽院(チャンアグォン)の奴婢から、

監察府(カムチャルブ)の女官

承恩尚宮(スンウンサングン:正五品) 王の寵愛を受ける

淑媛(スグォン:従四品)側室になる

淑儀(スギ:従二品)

淑嬪(スクピン:正一品) 側室の最高位

と階級が上がっていきました。

嬪(ピン)は、朝鮮王朝時代の王の側室の中でも最高位の階級になり、その上は正室の王妃(中殿)で、王妃になると品階はなくなります。

承恩尚宮(スンウンサングン)/特別尚宮は、王から寵愛を受けた女官で、身分に関わらず正五品の尚宮となります。側室よりは位が下ですが、女官の中では最上位の地位になります。なお、ここから側室になるには、子を生むなどの功績がないと側室にはなれませんでした。

張禧嬪/オクチョンも、粛宗の母の明聖大妃(ミョンソンテビ)に嫌われ、なかなか正式な側室として認められませんでした、懐妊を機に淑媛になり、王子を出産後、「禧嬪」となり、その後、王妃(中殿)にまでなりました。

 

タイトルとURLをコピーしました