王女の男 あらすじとキャスト相関図 15世紀の朝鮮王朝が舞台

2011年に放送された、韓国時代劇ドラマ「王女の男」は1453年に起きた王位簒奪(さんだつ)のクーデターをモチーフに、仇同士の恋愛を描いた、”朝鮮王朝版 ロミオとジュリエット”です。

王女の男は、史実をベースにしながらドラマティックにストーリーを肉付けする、ファクション(ファクト+フィクションの造語)の先駆け的存在のドラマとなります。

スポンサーリンク

韓国ドラマ 王女の男 基本情報

パク・シフ主演!韓国歴史ドラマ『王女の男』9/3スタート!

王女の男/공주의 남자/The Princess’ Man

  • 放送:2011年 KBS
  • 話数:全24話
  • 演出:キム・ジョンミン, パク・ヒョンソク
  • 脚本:チョ・ジョンジュ, キム・クウ

王女の男 あらすじ

1452年朝鮮王朝。第5代王文宗の治世。朝廷の重臣キム・ジョンソの息子・スンユは、王座を狙う文宗の弟・首陽大君(スヤンテグン)の娘・セリョンと、そうとは知らず恋に落ちる。
静かに愛を育むスンユとセリョン。しかし、首陽大君が起こした朝鮮王朝史に残るクーデター「癸酉靖難(ケユジョンナン)」によって二人の運命は一変する。家族を惨殺され、復讐の鬼と化すスンユ。セリョンが首陽大君の娘であることを知り、二人は宿敵となってしまう…。

王女の男の時代背景

王女の男は、朝鮮王朝第5代・文宗(ムンジョン)の時代が舞台です。15世紀、朝鮮王朝で起こった歴史的クーデター癸酉靖難をモチーフに、物語が進んでいきます。

癸酉靖難(きゆうせいなん、ケユジョンナン)
李氏朝鮮の第6代国王端宗の即位1年後の1453年10月に、幼い国王の叔父にあたる首陽大君(のちの世祖)が、皇甫仁、金宗瑞らの顧命大臣を殺害して政権を奪取した宮廷クーデター事件。

朝鮮王朝版、ロミオとジュリエットということで、それぞれの父親の対立構造があります。

パク・シフ演じるキム・スンユの父は、金宗瑞(キム・ジョンソ)。金宗瑞は、李氏朝鮮初期の武臣・政治家で、第4代国王世宗(セジョン)の最も寵愛を受けた家臣で、第5代王文宗、およびその息子の第6代端宗を守ろうとする立場。

対して、ムン・チェウォン演じるイ・セリョンの父は、首陽大君(スヤンテグン)。世宗の次男で、第5代王文宗の弟であり、後にクーデターを起こし、第7代国王 世祖(セジョ)となります。。

王女の男 登場人物相関図

王女の男相関図

出典:http://www.bs-tbs.co.jp/oujyo/

王女の男 キャスト

パク・シフ / キム・スンユ役  キム・ジョンソの息子
「清潭洞(チョンダムドン)アリス」
「検事プリンセス」
「一枝梅(イルジメ)」
「名もなき英雄<ヒーロー>」

ムン・チェウォン / イ・セリョン役 首陽大君の長女
「華麗なる遺産」
「グッド・ドクター」
「優しい男」

ソン・ジョンホ / シン・ミョン役  シン・スクチュの息子で漢城府判官
「凍える華」
「クリスマスに雪は降るの?」
「天命」

ホン・スヒョン / キョンヘ王女役 文宗の娘で端宗の姉。セリョンの従姉妹。
「天使の誘惑」
「チャン・オクチョン-張禧嬪-」
「金持ちの息子」

イ・ミヌ / チャン・ジョン キム・スンユとシン・ミョンの親友。零落両班の息子。
「カイスト」
「朝鮮ガンマン」

キム・ヨンチョル / 首陽大君(スヤンテグン)、第7代国王世祖(セジョ)
「IRIS -アイリス-」
「太祖王建(テジョワンゴン)」
「サム、マイウェイ」

イ・スンジェ / キム・ジョンソ 大虎(テホ)
「明日に向かってハイキック」
「ホジュン~宮廷医官への道~」
「商道」
「馬医」

韓国ドラマ 王女の男 まとめ

李氏朝鮮時代の、ロミオとジュリエットである、「王女の男」をご紹介しました。

現代からタイムスリップしたり、最近はフュージョン時代劇とも言われますが、実際の歴史的クーデターをモチーフに、ストーリーを膨らませた、ファクション時代劇になります。